混ぜラーメン(ダントツラーメン岡山一番店)

2019年1月29日食事・グルメ

岡山駅前の二郎系の名店にて、久々に二郎系のラーメンを食すなど。麺の量は並で、野菜は二倍増しにしてもらっている。

この「混ぜラーメン」は、普通のラーメン(スタンダードな二郎系)よりも味が濃く、人によっては食べづらいのではないかと思う。二郎系っぽい「ぶっかけうどん」を想像すれば良いだろうか。生卵が乗っている分、多少まろやかになっているとは言え、食べ過ぎると明らかに健康に悪そうな感じだ(そういうものに限って美味しく感じるのも確かだが)。

正直に言うと、もうあまり二郎系に手をつける気は起きなくなってきている。体重や体脂肪率が気になっているということもあるし、加齢とともに食もほんの少しずつ細くなっているのだ。ただ、それでも近くまで行くと、味が恋しくなって立ち寄ってしまう。久々に食べようかな、という気になるわけだ。こういうところで引き返せると、もう少し状況が良くなる気がするのだが(苦笑)。

ところで、岡山駅前にはもう一つ「きずな」という二郎系の店がある。そちらの方も、またいずれ足を運んでみることとしたい。それでも、上述したこともあるので、次回は量は少なめでいきたい。