極味(「らあ麺ダイニング 為セバ成ル。KAKERU」、松江駅構内)

食事・グルメ松江・出雲, ラーメン

今日は少々時間があったので、前々から少々気になっていたラーメン屋さんに立ち寄ってみた。

松江駅構内、シャミネのお土産コーナーのすぐそばにある「為セバ成ル」という店は、塩とんこつをベースとしたラーメン2種類(「極味」と「基味」)を主力としているようだ。そのうちから、私は「極味」の方を注文。ついでに唐揚げも一緒にいただくこととした。

まずスープの方だが、「塩とんこつ」という名の通りか、割とあっさり目でそんなにしつこくない。脂っこいものが苦手な人にも十分にオススメできる味となっている。余裕があれば完飲できそうな味だった(今回はやらなかったが)。

次に麺の方は、少々太い縮れ麺を使用している。こちらは味や固さがそれほど自己主張していることはなく、それなりに食べやすい味だったと思う。固めの麺が好きな人には少々厳しいかもしれないが、麺の食べやすさを求めている人には合うのではないだろうか。

ちなみに、今回私は「とろ肉」を追加で乗せてもらったのだが(おそらく濃い色付けの肉だろう)、こちらは名前の割には少々固めで、味もそれなりに濃いものであった。柔らかいチャーシューとの良い対比にはなるかもしれないが、私自身は、チャーシューを追加で乗せてもらった方が良かったかな、と思う。

唐揚げはなかなか味付けが濃く、おつまみには良いかもしれないな、と思った。ジューシーさがすごいというわけではなかったが、揚げたててで熱々で、なかなか美味しい一品だった。

 

今回はいわゆる「店の定番」を頼んだのだが、この店舗では、「しじみラーメン」といったような島根ならではの一品、あるいは辛いスープのラーメン・つけ麺も販売されているようだ。こちらも後々いただきたいものである。