「をっちゃんラーメン 出雲塩冶店」にて、「にんにくラーメン」と「チャーシュー丼」

食事・グルメ

JR出雲市駅の南口から歩いて10分程度のところに位置するラーメン店(食品スーパー「ホック」のすぐそば)。山陰地方に何店舗かあるうちの一つで、地元ではなかなか有名らしい、

なお、この店舗については、営業はどうやら昼間のみのようなので、間違って夕方以降に行かないように注意すること。

 

この店で売りにしているのは塩ベースのスープが決め手のラーメン。その中でも、今回は、一番人気と謳っている「にんにくラーメン」を注文することにした(ついでにチャーシュー丼も)。

 

にんにくラーメン

麺は割と太いのが特徴で、スープも脂っこさが感じられず透き通っている。見た目だけならば、割とあっさりとしていそうだ。チャーシューは厚くて柔らかめといったところ。具は少量でオーソドックス、昔懐かしの盛りつけとなっている。

ただ、さすがに「にんにく」という名称を冠するということもあって、結構にんにくの匂いがする。苦手な人にとっては手をつけられないものだろうが、にんにくの風味の染み込んだスープ自体はなかなか美味なので、抵抗のない方は一杯いただいてみると良いだろう。

 

チャーシュー丼

見るからにネギがたっぷりで、チャーシューの量自体は割と少ない。タレは旨味たっぷりの甘辛風味で、全体的によくまとまっていると思う。

もともとサイズ自体が小さいので、ラーメンだけでは物足りない方にはちょうど良いのではないだろうか。