岡山駅新幹線ホームにて「ぶっかけうどん ふるいち」のおろしぶっかけを食す

食事・グルメ

岡山駅から新幹線を利用する機会があり、少々時間に余裕があったので、ついでに新幹線ホームにある「ぶっかけうどん ふるいち」に立ち寄ってみることにした。

「ふるいち」というのは、倉敷を拠点にぶっかけうどんの店を岡山各所に展開しているチェーン店のこと。ぶっかけうどんの元祖を自称しているが、真相は定かではない(苦笑)。

私がかつて岡山に住んでいたときには系列店にちょくちょく立ち寄っていたというところから、この新幹線ホーム店に行く機会はなかった。しかし、今は岡山を離れてしまっているので、久々にと思って食べに行くことにしたわけである。

今回いただいたのは「おろしぶっかけ」。普通のぶっかけうどんに大根おろしを足しただけのオーソドックスな一品だ。

ふるいちのぶっかけうどんの特徴は、何と言っても真ん中に添えられたうずら卵だ。全体の風味がまろやかになり、独特のハーモニーを奏でてくれる。

肝心のうどんの質は讃岐のそれにほど近く、太くて弾力のあるものになっている。最後の一本まで喉ごしの良い、そんな一杯になっていたと思う。

 

また岡山に立ち寄る機会があったら、もう一杯いただいてみることとしたい。もちろん、今度は違うものを。