「鳥取砂丘コナン空港」でいただく、すなば珈琲謹製の「空カレー」

食事・グルメ

「すなば珈琲 鳥取砂丘コナン空港店」店舗外観

先日、鳥取砂丘コナン空港にある「すなば珈琲」に足を運んできたので、このことについて簡単に書くこととしたい。

 

発着場の景色を一望できる

「すなば珈琲 鳥取砂丘コナン空港店」から、空港の発着場を望む

空港内のカフェレストランということもあり、窓からは発着場を一望することができる。天気の良い日の眺望はなかなかのものである(撮影当日は雨模様だったけれども)。

運が良ければ、離陸の準備をするために飛行機が運ばれていったり、あるいは着陸した飛行機が出口に接続されたり、といった様子が見られるかもしれない。

 

注文はタブレットで

注文はタブレット端末(iPad)で行うようになっている。以前(今年6月頃)足を運んだときはそうではなかったので、どこかで設置されたものと思われる。

このあたりは新鳥取駅前店と同じだ。異なっているのは背景画像とメニューくらいなものだろう。

 

海軍カレーよりも旨い(らしい)「空カレー」

今回注文したのは、「海軍カレーよりも旨い」が謳い文句となっている、この店限定メニューの「空カレー」だ。味噌汁、コーヒー付きで880円(税込)。

色とりどりの温野菜、そしてじっくり煮込まれた鶏肉が用いられている。見た目も華やかで、味もマイルドで食べやすい(全然辛くない)。どんな方にでもおすすめできる一品であろう。

ごちそうさまでした。

 

おまけ(すなば空港ピアノ)

駅ピアノ」ならたまに見かけるけれども(JR出雲市駅にも置いてある)、「空港ピアノ」なるものは初めて見た(調べてみたところ、大阪伊丹空港にも設置されているそうな)。すなば珈琲側が置いたものと思われる。

こういうのは、置いてあるのを見ると、ついつい触りたくなってしまう。私自身は演奏が全くできないので本当に触ることはまずないけれども、弾ける方が楽しそうに弾いているのを見るだけでも、良いものがあるだろう。

 

「いちごいちえ」は、鳥取県内の喫茶店「すなば珈琲」を応援しています。