出雲市駅近の二郎系ラーメン屋「篠寛ジロー」、今回はお酢を使っていただいてみた

食事・グルメ

「篠寛ジロー」扉横にあるロゴマークとイメージキャラクター

卓上のお酢を使えば、ちょっとはまろやかになる、かも。

 

概要

「篠寛ジロー」店内カウンターの様子。特製の酢やオーダーシート等が置かれている

先月11日にオープンした二郎系ラーメン屋の「篠寛ジロー」に、先日、再度立ち寄ってみた。オープン当日以来となる。

今回は、前回使わなかった卓上の特製酢を使用してみた。その結果を簡単に書いてみようと思う。

 

今回いただいたラーメン

篠寛ジローの「中ラーメン」(野菜増し、豚増し、他は普通)

今回は、前回との比較も兼ねて、あえて「豚中ラーメン」ではなく「中ラーメン」に「豚増し」をして注文してみた。チャーシューの量がこころなしか多いような気がするが、一方で細切れ肉は少ない。

なお「豚ラーメン」にさらに「豚増し」を行うことも可能で、実際に同席者のうちでそのような注文をしていた方が数名いらっしゃった。これがいわゆる「倍プッシュ」というものだろうか(全然違う)。

 

お酢を使ってみた感想

食べ始めこそ、いつも通りの二郎の味わいを堪能していたが、途中からお酢を少しずつ投入してみた。

お酢が入るたびに、二郎系特有のしつこい味わいが薄まってきたように思う。濃いめの油そばにお酢をかけて食べるのと似たような感覚で、次第にどこかまろやかさが感じられるようになってきた。

ラーメンが出されてからおよそ10分、今回もあっという間に完食。お酢に秘められた力(というと大袈裟だが)を実感した一杯だったように思う。

 

次回以降も、一ヶ月に1回から3回くらいのペースで、ちょくちょく足を運んでみたいところだ。毎日というわけにはいかないけれども、こういったものもたまには食べたくなる。なので、できることなら、末永く残ってほしいものだ。

今回もごちそうさまでした。