Last Update: 2018/09/17 10:54
2017年

『Blazerk Monster』

 

作品紹介

 一人の少女が旅に出た。少女は実り多き旅の果てに親友に裏切られ、全てを失った。そして、少女は再び旅へ出る。自分を裏切った親友の真意を知るために。
 一人の少年が病気で記憶を失った。全てを記憶を無くしても少年は初めての旅に期待を膨らませる。そして二人は旅をして、何を見つけて何になるのか。
 二人の主人公によるオリジナル地方の冒険ストーリーです。
「ポケモン小説スクエア」作品紹介から)

 

感想(ネタバレ注意)

1. 夢も未来もない旅立ち

「主人公の涼香は、某地方のポケモンリーグの決勝戦において、試合前に不正行為を働いたということで試合の最中に敗北が決まってしまい、そのままポケモントレーナー界から追い出されてしまう。しかし、『不正行為』は対戦相手にして涼香の幼なじみでもある四葉が仕組んだことであった。自身が嵌められていたことを、1年後の『今』になって、なぜか四葉の口から告げられることとなった彼女は、四葉へ復讐することを決意するのだが――。」

 これ、やられた方としてはたまったものではない。四葉がどういう意図で涼香にこういう「罠」を仕組んだのかはこれから明らかになるだろう。今後の展開に期待したい。

 従来は、自分が取り返しのつかない反則をしてしまったということで、涼香は家族や色々な人に対して申し訳ないと思い込んでいた。けれども、実は仕組まれていたのだということを知ってからは、四葉に対して怒りの感情が湧くのも無理はないだろう。とはいえ、現状、四葉はリーグチャンピオンであり、涼香は社会的制裁を受けた罪人一歩手前の人間だ。今しがた涼香が真実を表沙汰にしたところで、どれだけの人が信用してくれるか。おそらく、恥を重ねる結果になるだろう。

 そんな彼女の思いを知ってか知らずか、四葉は涼香用のトレーナーカードを差し出し、ある依頼をする。新人トレーナーたちの引率をしてほしい、というものだ。涼香の置かれた身分を知っておきながらこういう頼み事をしてくるのも、何か理由があってのことなのだろう。

 一つ気になるのは、涼香は本来は元気いっぱいで体力も人並みにあるのに対し、四葉はそれほど体力がなく、効率を重視したバトルを展開するというところ。こういう描写も一つの伏線になっているのだろうか。

 その他にも、間接的にとは言え、四葉が涼香の弟(病弱がちなため涼香が奮起する理由になっていた)を死に追いやってしまったのは、いったいどういうつもりだったのか。こういう謎が解き明かされることにも期待したいと思う。

 

2. 心を燃やす業火

 涼香は自分と弟とが育った街「アイマラタウン」に向かい、問題を起こしたポケモンたちが送られる施設でヒトモシおよびヘルガーを仲間に加える。その後、かつて旅を支援してくれた存在である「博士」と悶着を起こしかけるが、彼女は(「博士」にとっては)真意の伝わりにくい言葉を口にして、その場を後にするのだった……。

 と、簡単なあらすじだけを見れば何と言うことはないのだが、今回仲間に加えたヒトモシもヘルガーも、何かしら大きな事情があって、施設から出ることを執拗に欲していたのは疑いようがない。今後明かされるのかどうか、楽しみで仕方ないところだ。

 また、独自に新しい地方を作り上げるに当たって、その地方に関する説明も簡潔に行われている。決して退屈するほどのものではなく、必要最小限に抑えられているので、すっと物語の世界に入っていけるようになっている。一度はこういう地方を旅してみたいという気にもなれるものだ。

「博士」と涼香の関係性についても気になって仕方がない。先ほども書いたように、以前は旅を支支える立場であった「博士」。それが、今では彼女の扱いは非常にぞんざいなものとなっている(涼香の身に起こった事件のことを考えれば致し方のないことではあるが)。それに対する涼香の応酬は強かなもので、彼女の復讐心の強さ、芯の太さが窺い知れるというところか。

 ただ、最後の「博士」の独白から察するに、彼は、まだ内心では涼香のことを心配しているのだろう。そして、どうして四葉がわざわざ涼香に新人トレーナーの引率役を頼むように「博士」にけしかけたのか、「博士」自身は完全に理解しきれているわけではないことも分かってくる。彼の抱いている疑念は、涼香の言葉により、少々強まったのではないだろうか。

 さて、涼香が会う新人トレーナーとはいったいどういう人物であるのだろうか。続きにも期待したいところである。

 

(以下、更新予定)

サイト内検索

ランダム表示

プロフィール

haunted-haunter.jpg稲葉 幽助(岡山市在住)
好奇心旺盛で、色々な物事に手を出しやすく、行動力が高い。
上達しきる前に物事から離れてしまいがちなのが悩み。
ASD(自閉症スペクトラム)診断済。精神障害者保健福祉手帳取得済。(詳細なプロフィール

新着ページ

おすすめ

無難な振りをしていても、幸せはやってくるものじゃない。どうせなら、この拳でつかみ取ってやろうじゃないか。
『月曜日の友達』(全2巻)のネタバレなし感想です。
発達障害はなぜ「障害」と言われているのか、私個人の考えをまとめたもの。